クスリのハルナ

フリーダイヤル:0120-313-701
ご予約・お問合せ

ダイエットはやっぱり妊活にいいみたい\(^o^)/~横浜市青葉区のKさんご妊娠おめでとうございます!~

今日は、急速に発達する低気圧の影響で台風並みの「春の嵐」になるそうです。
ここ横浜でも、黒い雲が立ちこめてきました。不要不急の外出は控えたほうがよさそうですね。
今日、カウンセリングのご予約をいただいている方は、どうぞご無理のないように。 ご予約の変更はご遠慮なく言ってくださいね。
さて、今日もうれしいメールをいただきました。うれしい報告が続いていますね\(^o^)/
昨年7月末からお越しいただいていた、Kさん(29歳)から「妊娠判定で陽性が出ました!」のご連絡です。
こうのとり.png
おめでとうございます\(^o^)/
Kさんの頑張りには頭が下がる思いで、応援させていただいていました。
Kさんは排卵障害があって病院で2年間不妊治療をしていましたが、なかなか月経も整いませんでした。 その排卵障害の原因のひとつになっていたのは「太り過ぎ」でした。
肥満のせいでホルモンバランスが崩れたり多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)になったりして、結果的に排卵障害が起こりやすいといわれています。 (Kさんは多嚢胞性卵巣症候群ではありませんでしたが)
また病院で不妊治療を始めても、排卵誘発剤が効きにくいこともあるようです。医師から「ダイエットしてから来なさい」と言われて、当店にご相談にいらしている方もいらっしゃいます。
Kさんには、「ダイエット」=「妊活」ということをお話して身体を整えていきました。
生活習慣、食習慣の見直し、ダイエットサポートや女性ホルモンを整えるサプリメントや漢方を服用していただきました。
Kさんは病院もお休みせずに「ダイエット」と「妊活」を同時進行で始めたのですが、すぐに驚くほどのダイエット効果が現れました。
好きなチョコレートもアイスも我慢してくれました。Kさん、とてもがんばり屋さんなんです。 でも決して無理なダイエットはいけませんよ。逆にホルモンバランスを乱してしまいますから。
「ダイエット」効果が現れてきて、4,5ヶ月が経った頃から、Kさんのホルモン状態も整ってきました。注射なしで排卵がおこるようになりました。
そして今日「妊娠しました」のうれしいご報告です。 本当におめでとうございます\(^o^)/
「ダイエット」も成功して、待望の赤ちゃんも授かって、本当によかったです。Kさん本当によくがんばりましたね。
くれぐれもお大事になさって、小さな命大切に育んでくださいね。 妊娠中、出産後の育児のことなど、末永く応援させてくださいね。
やっぱりちょっと肥満が気になる方の「妊活」には「ダイエット」でいい結果が出ていますよ。 ダイエットサポートもお任せくださいね!
肥満は、それ自体が不妊の因子となります。心当たりがある人は、本格的な不妊治療を始める前に、適正な体重にすることに取り組んだほうが治療効果が上がって、近道かもしれませんね。
また妊娠した場合は、さらに妊娠・分娩経過に異常をきたしやすくなりますから注意です。 妊娠中であれば、妊娠中毒症、妊娠糖尿病など、分娩時には、分娩遷延、 分娩停止、巨大児による難産などで、吸引分娩や帝王切開にもなりやすいのです。
安心してマタニティライフを過ごすためにも適正体重を知っておきましょう。
参考までに健康体重の目安になるBMI(Body Mass Index)のことをちょっとだけ・・・
痩せや肥満の度合を測る指標がBMIです。 BMIは、体重(kg)を身長(m)の二乗で割って算出します。
計算式は次の通りです。「BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m)」
指数が、20以下は低体重、20?25が適正で、25?30になると肥満1度、以下、30?35で肥満2度、35?40で肥満3度、そして、40以上で肥満4度になります。
BMIが男女とも「22」のときに最も病気にかかりにくくなることから、BMIが22となる体重を標準体重(健康体重)としています。
肥満だけが問題ではありませんよ。痩せ過ぎも注意が必要ですね。
例えば155cmの場合 1.55 x 1.55 x <22> = 「 52.8kg 」 →標準体重 1.55 x 1.55 x <25> = 「 60.1kg 」以上 →肥満 となるわけです。
簡単にBMIを測れるサイトがありますので、よろしかったらどうぞ。
BMI(肥満度チェック)
いかがでしたか?
こちらもどうぞ。 アメリカは3人に1人が肥満ということですね。世界から見たら日本はまだちょっと安心?
BMI.png

子供を望むカップル、女性に赤ちゃんが訪れますように。 そして今お腹の中で成長している命が今幸せであるように。 誕生した赤ちゃんが沢山の愛に守られ健やかに育ちますように。 心から願っております。 不妊治療に不安な方お電話ください。 病院の紹介も行っております。 クスリのハルナ フリーダイヤル 0120-313-701(携帯からもOK) 電話 045-934-8696 住所 神奈川県横浜市緑区中山町323 レインボウ中山 JR横浜線中山駅北口徒歩2分 【子宝カウンセラーの会会員店】【不妊カウンセリング学会会員】 ◆一般社団法人子宝カウンセラーの会公式ホームページはこちらをクリック ◆不妊カウンセリング学会ホームページはこちらをクリック ◆クスリのハルナ ホームページはこちらをクリック クスリのハルナは 次の地域からご利用いただいてるご相談が多いです ↓↓↓ 横浜市緑区、横浜市都筑区、横浜市青葉区、横浜市旭区、横浜市泉区、横浜市磯子区,横浜市神奈川区、横浜市金沢区、横浜市港南区、横浜市港北区、横浜市瀬谷区、横浜市栄区、横浜市鶴見区、横浜市戸塚区、横浜市中区、横浜市西区、横浜市保土ヶ谷区、横浜市南区、川崎市、大和市、相模原市、伊勢原市、平塚市、鎌倉市、横須賀市、藤沢市、座間市、海老名市、東京都、町田市、埼玉県、茨城県、群馬県、静岡県など......。 以下のクリニックに行かれている患者さんがいらっしゃってます ↓↓↓ 神奈川レディースクリニック、田園都市レディースクリニック、みなとみらい夢クリニック、湘南IVFクリニック、ソフィアレディスクリニック、ノア・ウイメンズクリニック、CMポートクリニック、ベアータクリニック、聖マリアンナ医科大、アモルクリニック、田中彰レディースクリニック、クリニックさくら、仲町台レディースクリニック、カトレアレディースクリニック、よしかた産婦人科、みなみレディースクリニック、みむろウイメンズクリニック、加藤レディースクリニック、あおばウイメンズホスピタルなど
子宝ポータル情報!
一緒に勉強をしている子宝カウンセラーや、最新の補助生殖医療情報、 画像などのリンクです。 ぜひご参考にして下さい!
神奈川県大和市の漢方センター田辺薬局さん GOブログ 岐阜の岐阜の漢方の野崎薬局さん 不妊治療で悩むあなたへ 青森のくすりの厚生会さん 妊活の疑問や問題点について 徳島のみどり薬店さん うえっちのブログ 静岡の寺岡薬局さん スタッフブログ 佐賀のヘルシー宮崎さん 鹿島店さんのブログ 愛知県の健康工房和み人さん 不妊・不育症ページはこちら 愛知県の漢方相談タカキ薬局さん 岡崎発 子宝応援ブログはこちら

ページの先頭に戻る